スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
戌の日 腹帯
今日は、なんだかお腹が痛いし、腰も痛いし、しんどくて・・・(-_-;)
昨日は、とーっても元気で調子よかったのに・・・
こうやって、これからお腹がもっともっと大きくなるにともなって、
色々痛いところや、不便なことが出てくるんだろうなあ・・・

今日は戌の日 腹帯を巻いてみました!
病院でも助産師さんが巻き方を教えてくれるようです。
が、予約し忘れていたので、ネットで自分で調べてみました。
そして、なんとか巻いてみたんだけど・・・
腹帯を巻くと、なんだか身も心もキリッと引き締まるような感じ。
お腹も支えられるせいか、お腹の痛みも和らいだような・・・
縁起物っていうだけではなく、やはり昔から伝わる物には、
ちゃんと意味があるのね♪
とは言え、やはり普段は使わないつもりなんだけど・・・

この中山寺でもらう腹帯には、干支と性別が書いてある。
「その干支と性別の子を安産で産んだ人がお礼に納めた腹帯」だそう。
世間で言われる説には、「その性別と逆の性別が産まれる」というのと、
「それと同じ性別が産まれる」という2つ。
それって、本当はどっちなの!?
私のもらった腹帯には、「ねずみ年 男」と書いてありました。
ってことは、「同じ性別が産まれる」説が正しい!?


スポンサーサイト
【2005/09/11 21:59 】 | マタニティ・ライフ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<釣り | ホーム | 安産祈願>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。