スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
母がケーキを・・・
母がケーキを持って遊びに来ました。
先週、私の誕生日だったから・・・と。
誕生日だからと言って、遊びに来るのなんて、結婚してから初めて
なんですけど・・・
母も私が妊娠したことで、色々と考えることがあるようです。
どんどん大きくなっていく私のお腹を、定期的に見ておかなければ、
とも思っているよう。
来年には孫が3人になるから(私の2ヶ月あとに、弟のところにも
2人目が)と、積み立て貯金を3口に増やしたとか・・・
なんだか、赤ちゃんが生まれてからの母のおばあちゃんぶりも
楽しみになってきました♪


いつもお客さんが来た時には、たんすの上にあがって、
なかなか降りてこないなぎちゃんが、母には慣れたのか、
今日は、しばらくして降りてきて、遊ぶようになりました♪
母にも匂いを嗅ぎに近づいたり。
これから、来客も多くなりそうだし、こうやって、ちょっとずつ
お客さん慣れしてくれるといいんだけど・・・

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2005/10/24 22:14 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
優しい家族
私には、だんなさんと来年産まれてくる赤ちゃんのほかに、
優しい家族がいます。
3匹の愛猫たち♪



family.jpg



楽しい時はもちろん、辛い時にもこの子たちがいてくれて、
どんなに幸せかをヒシヒシ感じます。
楽しさは、何倍にも、悲しさや辛さは考えられないほど減少し、
いつまでもウジウジすることなく、現実に、今目の前のことに
引き戻してくれます。


最近では、尾てい骨の痛さに思わず、「痛いよお~」とうずくまり、
弱音を吐いていると、3匹が心配そうに顔を覗きこんでくれます。
「ま、これくらいなら大丈夫でしょう。」とすぐに離れて行くものの、
瑠奈はまだ、少し離れたところから、じーっとこっちを見つめていてくれます。
心配してくれているなあ、と思うと、私も頑張んなきゃと思い、
「大丈夫だよ。」と声をかけてみます。
すると、安心してくれたように、自分のペースに戻る瑠奈☆


私が泣くようなことがあった時は、もっともっと心配して、
不安そうな目をして、この子たちまで泣きそうな顔をしてくれます。
スピ君は、不安な気持ちが大きくなりすぎるのか、泣いている私を見て、
怖がってるようにも見えるんだけど(笑)
なぎちゃんと瑠奈は、側にいてくれます。 鳴き声をかけてくれます。
私が泣いた日の瑠奈は、一日、とーっても優しいのです♪
この頃、めっきり気が強く、貫禄つきすぎの瑠奈だけど、
そんな日は、以前の仔猫の時の瑠奈に戻って、甘えてくれて、
いっぱい触らせてくれて、私を気遣ってくれます。
そんなに優しくしてくれるんなら、毎日泣いちゃうぞお~(笑)


こんな優しい家族がいる私は、本当に幸せ者だなあ♪
来年には、赤ちゃんが産まれ、この子たちにも、今のようには、
構ってあげられなくなるかもしれない・・・
不自由な思いや、ストレスを与えてしまうかもしれない・・・
そう思うと、今は、めいっぱいこの子たちを可愛がってあげたい
と思うのです。
少々しんどい時でも、遊んであげたい、と思って
ほぼ毎日、じゃらしで遊んであげる時間を作っています。
この子たちと遊ぶことは、私のため、お腹の赤ちゃんのためにも
なっているから。
だって、一緒に遊んでいると、楽しくて、ずーっと笑っていられる♪
ずーっと話かけていられる♪
この子たちがいなければ、一人の時にこんなに笑うこともないし、
こんなに独り言(?)言うはずないし。
きっと、こんな様子を聞いて、お腹の赤ちゃんも楽しんで笑ってるかも?
「早くボクも瑠奈たちと遊びたいなあ♪」って思ってくれてるかな?



【2005/09/21 17:33 】 | 家族 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
母との衝突
今日、母と電話で、ちょっともめちゃいました。(-_-)
私と母は性格が合わないのか、昔からよく衝突してきました。
血の繋がった家族と言えども、言葉で思っていることを伝えたい、
伝えて欲しいと思う私には、母の言葉の少なさ、曖昧さに、
時々、誤解を抱いてしまいます。
言葉の上での行き違いも、同じ屋根の下に住んでいて、お互い顔が見え、
感情が感じられる時は、それでもすぐに解決できるけれど、
離れて暮らす今、直接会うより、電話で話すことが多くなった今は、
ちょくちょく行き違いが生じてしまいます。。。
いい大人になって、こっちが親孝行しなければいけない歳にもなって、
母親に何かを求めてしまうのは、おかしいのかもしれませんが、
やはり、いくつになっても母親には、優しさや思いやりを
求めてしまいます。。。
親子と言えども、お互いの思いを理解するのは、難しいものなのだと、
つくづく思う今日の出来事でした。
「そんな風に考えると、体によくない。」と言う母
それは、誰のせいなんだあ!!!<`~´> (と、ここでグチらせて!)

だんなさんに話を聞いてもらいたいと思っても、帰りがすごく遅い予定。
なんだか、気持ちがうやむやなままで、スッキリしないので、
ここに書いちゃいました。
嫌なお話で、ごめんなさいm(__)m
【2005/09/09 19:09 】 | 家族 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。